すぐにお金が必要な人必見!即日にお金を借りる方法

目次

冠婚葬祭で突然お金が必要になったり、怪我や病気で働けずに生活費が足りない、使いすぎてしまったクレジットカードの支払い期日が迫っているなど、緊急時にすぐにお金を貸してくれる場所があるととても助かりますよね。しかし、即日にお金を借りる手段や方法は限られます。しかも選ぶ方法を間違えてしまうと即日に借りられなかったという事態になってしまうこともあります。今回は、即日にお金を借りられる方法をいくつかご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね。

カードローンで即日お金を借りる方法

カードローンとはカードを使用して金融機関からお金を借りたり返済することが可能な、個人向けローンです。審査を通過してカード契約をすると、契約時に決められた利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れができます。銀行、ネットバンク、消費者金融などが提供していて仕組みはどれも同じです。ほとんどが無担保、保証人なしで借り入れできるため、用途を選ばず他人に知られずに借りることができます。

銀行カードローンは即日借り入れは不可

2017年以前は収入証明不要、即日融資可能で銀行という安心感もあり、気軽に借りられるハードルの低いカードローンでした。 しかし、銀行が過剰貸付をしすぎたため、返済できずに自己破産に陥る人が増加してしまいました。そのことを踏まえ、銀行業界全体で過剰融資を控えるような自主規制の動きが強まり、以下の審査内容が変更になりました。
・申し込み者が反社会勢力に該当していないかを警視庁のデータベースとの照合を行うこと
・銀行の借り入れ額の自主規制で年収の1/2または1/3に制限(銀行によって異なる)
・家族の申し出による契約自粛
2018年1月より施行された、警視庁のデータの照会審査は、最低でも数日はかかってしまうため即日融資が受けられません。審査項目も以前より厳しくなっている可能性があるので場合によっては、最長1週間以上かかってしまう場合もあります。しかし消費者金融で借りるより低金利なため、急ぎでないのであれば銀行カードローンがおすすめです。

即日に借りたいなら大手消費者金融

銀行カードローンに比べると消費者金融の金利は確かに高いですが、審査の早さや利便性、即日融資可能という条件を考えると、多少金利が高くても消費者金融カードローンがおすすめです。
その際に知っておきたいのが、貸金業法で施工されている総量規制という法律です。総量規制とは、消費者が過剰借り入れで高額な借金を背負わないために、年収の1/3以上の貸付を行えないようにしていることです。消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者はその対象にあります。銀行は総量規制の対象ではないため、契約限度額に悩まされることなく借り入れすることができます。そのため銀行のカードローンであれば、収入のない専業主婦でも借りることができます。消費者金融では即日融資できますが、収入に基づいた総量規制という規制があることを覚えておきましょう。

消費者金融で借りる前に知っておきたいこと

即日融資が受けられる消費者金融カードローンですが、便利な反面初めてだと金利や借りられる人の条件などわからないことだらけで不安ですよね。そんな方のために、消費者金融カードローンでお金を借りる際に知っておきたいことや、即日融資を受けるためのポイントをご紹介します。

大手消費者金融は法を守るクリーンな運営

ひと昔前だと消費者金融はサラ金と呼ばれ、金利がものすごく高いイメージがありましたが、実は平成22年に法の整備で貸金業法が改正されました。昔のような高額な金利での貸付は全て撤廃され、どの消費者金融業者も現在では法律を守りながら、クリーンなカードローン運営を徹底するようになっています。誰もが知っている大手消費者金融の多くが即日融資に対応しており、収入さえあれば安心安全に借りられるので特におすすめです。

消費者金融カードローンのメリットとデメリット

まずは、安心して借りるために消費者金融カードローンのメリットやデメリットを知っておきましょう。
(メリット)
・ネットで申し込んで最短30分〜60分で審査可能。
・即日融資も可能。
・WEBからお申し込み可能なので自宅にいながら借りられる。
・無利息サービスを利用できる(一定期間利息無料)
・提携ATMが多く利便性が良い
(デメリット)
・金利が高い
・収入がないと借りられない
現時点でどのカードローンと比較してみても、消費者金融カードローンの審査は一番通りやすい傾向があります。金利が高い点は仕方がないですが、即日お金を借りたい人にとってはメリットが多くとても便利です。

事前に確認!即日融資を受けるためのポイント

お金を即日で借りたいのであれば、即日融資に対応している業者選びをしなければなりません。他にも申し込み時間や借りられる人の条件がありますので、該当しているかどうか確認する必要があります。審査に通らなければ即日融資は不可能なので、事前にきちんと確認しておきましょう。

まずは審査に通る条件を満たしているか確認

業者によって基準は違いますが、ほとんどが年収、他社借入額、延滞など(きちんと返済しているかどうか)3つが審査にかけられます。年収は審査するうえで最も重要視されるので、無職で年収がない場合借りられません。年収が高ければ高いほど評価が高くなりますが、収入証明書が必要ないからといって虚偽申請は絶対にしないようにしましょう。また、年収と同じく重要なのが他社借入額で、借入額が高い人は審査では当然不利になります。もう一つ、金融事故歴(返済の長期延滞)も審査に大きく影響します。任意整理、自己破産が過去にある場合ブラックリストと呼ばれ、審査に通るには非常に厳しいのです。

本人確認書類は必須

どの業者で借りるにしても必ず必須なものは本人確認書類です。運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証など身分が証明できるものいずれかを用意しておく必要があります。借りる金額によっては収入証明書も必要になるので、源泉徴収票や所得証明書があれば用意しておきましょう。

申し込むのは勤務先の営業中に

カードローンの審査では、勤務先への在籍確認が必ず行われます。必ずしも電話にでる必要はなく、同僚が「ただいま席をはずしております」などといった返答を確認できればいいとされています。勤務先への連絡を避けるには、社員証や給与明細が必要になる場合がありますが、各業社によって違うので気になる場合はコールセンターで確認してみましょう。

振込融資の申し込みは早めの時間帯に

来店せずに指定口座に振込融資を受ける場合、銀行を経由して振込をするため、銀行の営業時間に合わせなければなりません。銀行の営業時間は午後15時までなので逆算すると午前中〜14時までに申し込む必要があります。 無人契約機で契約してATMで借り入れする場合、銀行口座に振り込む必要がないため各業者の審査時間と、無人契約機の営業時間がタイムリミットとなります。各業者の審査可能時間は9時〜21時ごろまでが多く、無人契約機の営業は22時頃までのところが多いです。仕事で夜遅くなる場合、昼にWEBで申し込んでおいて、その後に無人契約機で必要書類を提出しカード発行し、ATMで借り入れすることができます。各業者の審査可能な時間帯に審査が終わり、無人契約機の営業時間内にカード発行までの手続きを終えれば確実に即日融資が可能になります。

正確な情報を入力する

誤った情報を入力してしまうと、確認のため審査に時間がかかってしまう場合があります。入力ミスや記入モレはなるべくしないように落ち着いて入力し、一度確認してみることが大切です。

今すぐお金を借りるなら!おすすめ業者

消費者金融のカードローンは銀行に比べるとどうしても金利は高めです。ですが大手消費者金融では初回に限り30日間金利ゼロというキャンペーンを行っているので無利息期間中に完済すれば、支払い利息はゼロで借りられます。収入があり短期間で完済できる人に消費者金融カードローンはとてもおすすめです。

アイフル:金利3.0%~18%/最短1時間融資/限度額800万

アイフルには女性専用ダイヤルがあります。専用の番号にかければ女性スタッフが丁寧な対応をしてくれます。即日融資可能で、審査通過率が高いのも特徴です。郵送物なし・カード発行なしのWEB完結を利用できるので家族に知られたくない人にとっては助かります。

急ぎの融資ならアコム:3.0%~18%/最短1時間融資/限度額800万

即日融資カードローンでも特に急ぎの融資ならアコムがおすすめです。審査時間最短30分なので、融資までの時間が1時間というスピーディーな対応に定評があります。アコム公式サイトからWEB申し込みを行い、その後コールセンターの担当者に急いでいると伝えれば、優先的に審査を行ってもらえる可能性が高いです。

プロミス:金利4.5%~17.8%/最短1時間融資/限度額500万

プロミスも最速1時間で融資可能なので、急ぎの融資に適しています。しかも他社と比べて上限金利が0.2%低くなっているので金利を少しでも抑えたい方におすすめです。

カードローン以外でお金を借りる10の方法

無担保、保証人なしでお金を借りられる消費者金融カードローン。とても便利な反面、借りたことがない方だと少し不安な部分もありますよね。お金を借りる方法は銀行カードローンや消費者金融カードローン以外にもあります。他の方法で検討してみたいという方におすすめの方法をご紹介します。

(1)クレジットカードのキャッシングは即日可能

カードローン以外でお金を借りる場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのがおすすめです。 ただし、クレジットカードを作るときにキャッシング枠を設定している人に限ります。設定していない場合、あとから追加する方法もありますが、再審査が必要になりキャッシングできるまでに数日かかり即日融資はできません。 自分のカードの設定が分からない場合は、クレジットカード会社のWEBサイトやアプリでキャッシング枠の確認ができますので、確認してみてください。

キャッシング利用枠とは

キャシング利用枠とは、クレジットカードに付帯する現金借入ができる機能で、限度額以内であれば、ATMから24時間365日いつでもお金を借りることができます。基本的に銀行キャッシュカードの現金引き落としとほぼ同じなので、気軽に利用することができます。

キャッシングを利用するとショッピング枠が減る

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング利用枠が別に設けられていますが、実はキャッシング枠はショッピング枠に含まれています。ショッピング枠50万でキャッシング枠30万のクレジットカードがあるとします。このカードを使って10万円のキャッシングをした場合、残りのショッピング利用可能額は、40万になります。反対にこのカードで30万円の買い物をした場合、キャッシング枠は20万円に減ってしまいます。 二つの利用枠は連動しているので、利用する際は注意しながら上手に利用することがポイントです。

クレジットカードのメリット&デメリット

(メリット)
・ATMがあれば即日現金が手に入る
・審査なしで借りられる
(デメリット)
・金利が高い
・ショッピング枠限度額が減る
クレジットカードのキャッシング利用額はすでに設定時に決められている為、多額の資金を調達したい場合、希望額が借りられないケースもあります。キャッシング利用枠を増額するには審査が必要で数日かかります。 金利も高いため、少額借りたい人や本当に急いでいる人におすすめです。数時間待てて短期間で完済できる場合、30日間利息無料を行なっている消費者金融の方がおすすめです。

キャッシングの返済方法

返済方法は基本的にクレジットカードと一緒で、ショッピング利用分と翌月か翌々月に一括引き落とし、またはリボ払い(分割)での支払いになります。金利が高いので一括で払えればいいのですが、カード会社によってはリボ払いしかできないケースもあるので、キャッシングする際は返済方法をきちんと調べておく必要があります。リボ払いにすると元本+高金利を払う必要があるので、返済計画をしっかり立ててから借りることが大切です。

(2)学生なら学生ローンで即日融資

学生ローンとは、学生を対象にお金を融資しています。ほとんどの学生ローンは必要書類が揃っていれば即日融資が可能です。 一番のメリットは、未成年でも借りられる点です。 一般的に20歳のアルバイトなどで一定の収入さえあれば学生であっても、親の同意なしでカードローンを組むことができます。しかし18歳〜19歳の未成年の場合は審査に通りません。学生ローンの場合は未成年でも審査が通る業者もあります。親の同意が必要なところもありますが、必要がないところもあるので親に言いづらい場合とても便利です。 ほとんどの業者の限度額は50万で、未成年は10万円が限度額に設定されているところが多く、金利は消費者金融カードローンと同じく高いのが特徴です。

(3)審査なしで安心の質屋

もし自宅に高値がつきそうな家電やブランド品、貴金属がある場合は質屋を利用することで審査なしでいち早くお金を借りることができます。質屋に担保にする品を持ち込み、査定をしてもらいその範囲内でお金が借りられます。口座も必要なく、身分証明書のみで手続きができるので最短でお金が手に入ります。しかも、お金を返済できなかったとしても担保があるため質屋にとっては好都合です。これは質流れといって、3ヶ月以内に返済確認が取れなかった場合、担保の品を質屋が他者に売却できるというシステムです。質屋の場合金利が年利で計算されるため、短期で返済できない場合利息が増えすぎてしまうので注意が必要です。大切にしていたものが売られてしまう虚しさはありますが、返済しなくてもいい借り入れという点では、気持ちが軽くなることもあるでしょう。最初から手放してもいいものであれば、買取をお願いした方が高くつくケースもあるので、可能であれば売却してみるのもおすすめです。

(4)定期預金があるなら定期預金担保貸付

定期預金担保貸付とは、銀行やゆうちょ銀行など定期預金を担保にしてお金を借りる方法です。定期預金を解約することなく借りられるので、解約して使いすぎてしまうのを防げます。消費者金融カードローンで審査が通らなかった方や、無職の方でも借りることができるので定期預金を組んでいる方にはとてもおすすめです。限度額は定期金額の90%で上限額が決められている金融機関が多く、低金利、しかも親の同意書があれば20歳以下でも借り入れできるのが特徴です。

・借り方は簡単で申し込みも審査もなし!

基本的に申し込みや審査は不要で、普通預金口座からお金を引き出すだけで簡単に借りられます。定期預金担保貸付の場合、普通口座から残高以上の金額を引き落とした場合、自動的に融資されるようになっています。通帳にはマイナスで金額が記載され、返済方法は普通口座に入金するだけで自動的に返済にあてられます。しかも返済期日は定期預金の満期日までなので、余裕があります。しかし返済できなかった場合、定期預金から返済されるので余裕がある時に早めに返済した方がいいでしょう。

(5)生命保険の契約者貸付で借りる

契約者貸付とは、生命保険の契約者を対象としたもので、生命保険の返戻金を担保にして借り入れを行う生命保険会社にしかないプランです。返戻金とは、生命保険を解約した際に契約者に払い戻されるお金で、契約年数や保険料の総額によって保険会社で決められた解約返戻金を受け取ることができます。融資の限度額は、解約返戻金の7~9割程度なので、契約し始めたばかりであれば少額の借り入れしかできない可能性もありますが、返済の負担が少なくてすみます。
生命保険に加入していて少額の融資を希望の場合は是非、検討してみましょう。

・保険契約を解約しなくても借りられる

この契約者貸付は、保険契約の解約をせずともお金を借りられます。
返戻金を目当てに生命保険を解約してしまうと、保証が受けられなくなってしまうだけでなく、再度入り直す時に保険料が高くなってしまう可能性がでてきます。しかも入り直すまでに万が一があっては大変です。 継続して保証を受けながら借りることが一番いい方法と言えます。

・審査がないためスピーディーな即日融資可能

一般的なローン審査は安定した収入がないとお金は借りられませんが、契約者貸付の場合、無職や専業主婦、ニートでも簡単に借りることができます。即日融資に対応している大手保険会社では、インターネットから午前中から14:30までの申し込みでその日のうちに口座に振り込まれます。土日祝日をはさむと対応できないので、平日に済ませておく必要があります。

・返済は家計の状況で選べて自由度が高い

契約者貸付制度は、一定額を毎月決められた日に返済する必要がありません。契約期間内で借り入れ金額が返戻金以下であれば、いつでも返済可能です。余裕がある時に、一括返済したり、2ヶ月ごとに返済したり、自由度が高いのが魅力です。督促を受けることもなく、返済期日にゆとりがあるので精神的にもゆとりが生まれます。

(6)緊急時なら給与の前借り

即日にお金を借りたいのであれば、給与の前借りも検討してみるのも一つです。 あまり一般的に知られていないのですが、給与の前借り(前払い)は労働基準法にも定められている正式な制度で、これまで働いた日数分の給料を先にもらうことができます。そのため前借りは借金ではないとされており、返済する必要がありません。 前借りが認められるのは、労働基準法が認める出産、病気、災害などの緊急時のみなので本当にこのような事態が発生した時に利用できます。 単純にお金がないという理由では前借りできないので、注意が必要です。 会社から借金をして正式にお金を借りたいのであれば、会社によっては社内貸付制度というものがあります。こちらは審査に時間がかかるため、即日融資はできないのですが時間がある方はこちらを申請してみる方法もあります。

・緊急性が認められれば即日も

前借り申請書に必要事項を記入して、指定部署に提出すればいいのですが、もし当日に前借りしたいのであれば銀行の時間に合わせて午前中の早いうちに提出するのがポイントです。 大企業では、手続きに時間がかかってしまうため難しいですが、中小企業や個人経営のお店では緊急性が認められれば、即日に借りれる可能性があります。

(7)自動車を担保にする

車を担保にお金を融資してもらう方法です。違法性はないのですが、車の名義人は貸金業者に変更され、もし借りたお金を返済できない場合車が没収、売却されてしまうため、車を手放したくない気持ちがある方にはあまりおすすめできるものではありません。審査も通りやすくブラックでも借りやすく、即日で借りられる業者が多いため、消費者金融の審査に落ちた方やブラックの方にとっては需要があります。

・預かり融資と乗ったまま融資

方法は2つあり、車を貸金業者に預ける「預かり融資」と預けずに乗ったままの「乗ったまま融資」があります。 預かり融資の場合、一切乗ることができず事故などのトラブルを未然に防げることから高い金額を借りることが可能です。 乗ったまま融資は、お金を借りている間も車を使用できるため生活に車が必要である方でも融資を受けることができます。ただ名義は貸金業者なので、実質他人の車をリースしているという形になります。車検証を取られてしまえば乗り続けることはおろか、売却権も業者に移ります。 金利、手数料も高いので、どうしても車が必要でなければ売却してしまう方法もありますが即日融資は受けられません。

(8)緊急事態に交番で借りる

駅でスマホも財布も落としてしまって、電子マネーも現金も使えない、そんな緊急事態もあるかもしれません。ケースにもよりますが、交番で即日お金を借りることは可能です。

・公衆接遇弁消費とは

公衆接遇弁消費とは財布を盗まれた、持ち物全てを落としてしまったなど何かしらのトラブルにより帰路につけない場合に限り、1,000円を上限にお金を貸し出す制度です。市民を助ける制度として、金利もつかないので良心的です。1,000円という上限が付いているため、近隣の場合はいいですが、遠方に家がある場合家族に連絡してお金を工面するための資金として使う手もあります。 借りた1,000円は、元の警察署に返すか最寄りの警察署に持参、または振込での返済も可能です。返却しない場合、詐欺として逮捕されるケースもあるので必ず返済する必要があります。

(9)親から借りる方法

親からお金を借りるのは、即日お金を借りられる方法としては一番手取り早い方法ですが、やはり気がひけるものです。特に親は身近な存在のため、簡単バレるような嘘は通用しないことも。本当に困ってどうしようもない時に限った時に頼む方がいいでしょう。理由も誠意ある理由で、絶対に嘘はつかず決めた返済期限には必ず返すようにするのも大切です。

・親や兄弟に借りるメリット&デメリット

(メリット)
利息がないまたは低金利で借りられる
申請や面倒な手続きがいらない
(デメリット)
嘘をつくと申し訳なさで苦しくなることも
関係が悪くなる場合も
贈与税がかかることもある

・借用書を作成する

一般的に親から借りる場合、カードローンのように細かく金利を決めるようなことはしないでしょう。ですが口約束だけでは、お金を借りたという証明にはなりません。そういった場合、年間110万を超えるお金を借りた場合は、贈与税として課税の対象になってしまいます。そうならないためにも金額にかかわらず借用書を作成し、何かしら記録が残る形で返済することが重要です。形が残ることで、分割返済の場合、返済残高なども確認できるので両者の間に安心感が生まれます。

(10)親しい友人から借りる

何らかの理由で親や兄弟に頼れない場合、近くにいる親しい友人にお金を借りる方法もあります。理由はなんにせよ、直接会いに行って、きちんと正直な事情を話したうえでお願いすることが大切です。その時は、給料が何日に入って、生活費が最低限これぐらいで、返済できる金額は毎月これぐらい、というような形で具体的にきちんと話した方が信頼性が増します。少額であっても借用書は必ず作り、返済の意思があることを目に見える形で残しておけば友人も安心するはずです。相手が誰であろうと嘘をつかず、親切な好意に甘えることなく誠意ある態度でいれば関係が壊れることはありませんが、友人から借りたあとのデメリットは目には見えませんが少なからずあるので、大切な友人を失いたくなければ他の方法を検討してみるのがよいでしょう。

絶対に手をだしてはいけない方法

お金が即日手に入るからといって、簡単に借りられるうまい話には必ずリスクがつきものです。絶対に手を出してはいけない方法をご紹介します。

闇金はハイリスクで危険!消費者金融との違い

消費者金融は、法を守り運営しているのに対し闇金は法を無視した営業を行っています。
審査なしですぐにお金を貸してくれる場合、法の基に運営していない闇金であることが大半です。闇金は違法な手を使ってでも必ず返済させる手段を持っているため、高金利で貸し付けたり、身の危険を感じることまでしてくるケースもあります。消費者金融で借りられなくなって、闇金に手を出したという話もありますが、身の回りの人や自分の命を危険にさらすケースもあるため、債務整理をすることをおすすめします。

個人融資掲示板は闇金が多い

個人融資掲示板とは、インターネットを通じて見ず知らずの人からお金を借りることができる個人間融資のWEBサイトです。 借主が自分の情報希望額を書き込み、貸主が借主に対して融資可能額を書き込み、そこで交渉成立した場合貸し借りが行われるため、即日お金を借りることも可能です。 消費者金融のような審査がないため、審査に通らなかった人や債務整理をした過去がある人がこのような掲示板を利用しています。もし貸主が犯罪や詐欺に手を染めている場合、個人情報を売られたり保証料、手数料、法外な高い利息を請求してきたりすることもあります。個人間融資掲示板の場合、善意なのか悪徳業者なのか見分けがつかず判断が難しいため、とても危険な場所です。

まとめ

生活していれば、急にお金が必要になるシーンは必ずあります。即日必要になると焦ってしまい、正常な判断に欠けて自分の生活状況に合わないお金の借り方をしてしまう場合もあります。自分の年齢や収入、借りたい額やいつ返済できるかなど考慮しながら、自分にあった方法を探してみましょう 。

タイトルとURLをコピーしました